System

診療システム

初めてのご来院

01

問診票記入

はじめてお越しいただいた方には予診表をご記入いただき、 お体の状態やお口の症状、治療へのご希望等をご記入いただきます。

02

初診コンサルテーション

当デンタルオフィスでは、すぐに治療用のチェアにご案内することはありません。 まずはラウンジにてクリニカルコーディネーターがしっかりと皆様のお話をお聞きしたいと思います。また、私たちのコンセプトをご理解いただくための資料をお渡しし、ご説明させていただきます。

03

主訴に対する応急処置/口腔内診査

応急処置の必要な方以外は、当日の治療はございません。(お痛み等の症状や前歯の脱離など治療が必要な場合は当日処置を行い、検査は後日行います)今のご自身のお口の状態をきちんと知っていただく事が大切です。そのための基本的な資料収集を行ってまいります。(口腔内診査・レントゲン)おおよそのお口の現状、治療の流れをご説明いたします。

04

歯周病検査

すべての治療の前提に健康な歯周組織が必要であることをご説明させていただき、まずは歯周病検査を行い、検査結果及び歯周病治療の内容をご説明させていただきます。

05

歯周基本治療

口腔内写真
現在のお口の状態を記録します。現状のご説明や治療計画の際にお写真を見ながら相談をしていきます。
プラークコントロール
歯周病の原因である細菌を減らす最も重要な治療である毎日のお手入れ方法を個々のお口の状況に合わせてご一緒に確認していきます。

2回目

プラークコントロール(2回目)

縁上スケーリング(歯肉の上に付いている歯石を除去クリーニング)
デンタルレントゲン撮影

3回目

再評価
(ブラッシングで改善後の歯周病検査)

スケーリング・ルートプレーニング(歯周ポケット内のお掃除)口腔内写真とレントゲンを用いた全体的な現状のご説明と治療プランのご提示

4回目

スケーリング・ルートプレーニング
(歯周ポケット内のお掃除)

お口の状況を資料でお渡しいたします。
クリニカルコーディネーターがドクターからの説明を再度ご説明し、治療範囲のご相談し、ご質問・ご希望をお聞きし治療計画を立案していきます。ご希望の方にはお見積もりをお渡しして歯周基本治療の間にご検討いただきます。

再評価

歯周基本治療でどの程度改善したかを検査します。その後選択いただいた治療内容を進めていきます。進行した歯周病の場合は歯周外科治療に進む場合もあります。

修復治療・歯周外科治療

毎回の治療についてや、必要に応じて追加のコンサルテーションを行いながら内容をクリアにして治療を進めますので、ご安心ください。皆様の目的に応じた内容で治療でありながらも快適さを追及し、一人ひとりの方にベストを尽くす医療サービスをご提供いたします。

治療終了時

治療後の歯周病検査、口腔内写真、レントゲン等を用いて治療結果をご説明し資料をお渡しいたします。また担当歯科衛生士より今後のホームケアのポイントもお伝えいたします。

メインテナンス・サポーティブペリオドンタルセラピー

治療が終了しお口の環境が安定したここからがスタート地点です。歯周病が治癒した場合はメインテナンスまた病状が安定している場合はサポーティブペリオドンタルセラピー(SPT)を行っていき、長期にわたりお口の健康を維持していけるようサポートさせていただきます。大切なのは治療ではなく、今後悪くならないように予防ケアを継続することです。