Particular

治療へのこだわり

歯周病治療

これだけ歯科医院が多い現代にもかかわらず、日本人の歯周病が改善に向かわないのはなぜでしょうか?
歯科医院に通院し治療を行ったと言われる方々のお口の中でも、歯肉の炎症はそのままで虫歯や被せ物の治療 が行われていることが少なくありません。
中には歯周病の検査や説明すら行われておらず、当院に初めてお越しになる方の多くが「これまで歯周病の説明をうけたことがない」あるいは「簡単な歯石取りはしたけど、自分の病状がどうなのか知らない」という状況です。歯周病は初期の段階では細菌を減らすためのホームケアとオフィスでの簡単なお掃除で改善します。
病状が進行しつつある段階ではそれ以上に病的状態が進行しないように治療を行っていきます。
「早く治療しておけばよかった」「これまでずっと歯の治療を繰り返すばかりで歯茎の治療や予防をしっかりしてこなかった」 そういうお声を聞く度に、歯周病について私達がきちんとお伝えしていく重要性を改めて痛感します。

歯周病治療1

これまで他院で定期検診を受けて来られていた方のお口の状態です。 おそらく3か月毎に歯石を取ったり歯面清掃を行ってもらっていたのかもしれません。
しかし歯科医院が歯石を取るだけでいいのでしょうか? 次の定期検診までの間に歯石が沈着していくほどプラークコントロールが確立していないお口の環境が 虫歯や歯周病を進行させる原因なのです。 「歯石を取る」ことが大事ではなく、歯石が付かないような日常のケアも行っていくこと、そして歯周病とは どういうものかを知っていただくことが私達の役割です。
このまま細菌の多いお口の中の環境を改善せずに年齢を重ねて行けば、おそらく病状が進行する可能性がありますが、 ブラッシング方法の改善とスケーリング(簡単な歯石除去)だけで、歯肉はここまでキレイになります。 若い段階からホームケアと定期的なメインテナンスを生活習慣の中に取り入れてくださったことで、今後の歯周病のリスクは大幅に減少します。

歯周病治療2