About 

当院について

Message

歯周病専門医としてお伝えしたいこと

ユミデンタルオフィス院長 岩崎由美
 院長 岩崎 由美

歯周病は決して特殊な病気ではありません。
歯科疾患実態調査によると国民の約8割には何らかの歯周病症状があることが分かっています。
虫歯よりも罹患している人が多い歯周病は『世界で一番患者の多い感染症』といわれていますが、進行してからでないと自覚症状が現れないため、最も有病率の高い45歳~54歳の年齢層ですら自覚されている方は6割弱程度です。

多くの方が歯科医院を受診されているにもかかわらず、虫歯の治療が優先で歯周病の検査・治療を受けたことがない方、歯周病であることに気づいていない方、あるいは治療を受けても実際に改善されていない方が意外に多いです。

根本的な治療なくして、腫れや痛みがある際に切開やお薬だけで一時的に症状を抑える『対症療法』でなく、『原因除去療法』でなければ病気の改善は図れません。これは虫歯治療も同じで、単に虫歯を削って詰めても「治った」わけではなく、あくまでも「修理」しただけに過ぎず、原因を除去しなければ病態を繰り返すことになります。特に歯周病は正確な検査・診断を行い、病状の軽い段階でしっかりとしたケアをしなくては、年齢と共に病状が進行しかねません。

ユミデンタルオフィスは専門医・指導医である院長のもと、歯周病治療の知識とスキルをもったスタッフが
チームアプローチでプロフェッショナルな歯周病ケアを行っております。
私たちが一方的に見えるところの歯石だけをクリーニングで取っても、歯周病は改善しません。
原因である細菌を減らすブラッシングの確認やスケーリング・ルートプレー二ングという歯周ポケットのお掃除などを歯周基本治療といいますが、まずこの基本治療をきちんと行えるかが何より重要です。
患者さんのホームケアと私達のプロフェッショナルケアの二人三脚で歯周病は改善します。
また進行した歯周病は医療サイドのスキルが大きく左右する分野で、専門性の高い治療が求められます。

当院には長年歯周病やかみ合わせの症状で悩んでいた方や、セカンドオピニオンを求める方が多く来院し、ありがたいことに治療結果に満足していただいています。

患者さんご自身が口腔内の改善を実感でき、また改善した歯周組織の状況を写真やレントゲン等できちんと
ご説明させていただく。歯周病専門医・指導医として、歯周病治療には自信をもって取り組んでいます。