Particular

治療へのこだわり

ユミデンタルオフィスは治療のクオリティにこだわります。 根の中や冠の境目等、見えない所だからこそしっかり確認し、誠意ある治療が必要だと考えます。 私達はお口を健康な状態に戻した後に、長期に安定させる目標があります。そのためには 皆様と協力しメインテナンスを行っていくと同時にしっかりとした治療がなされていることが大前提です。 治療前と治療後の比較を行い責任を持って経過を追うために、しっかりと記録を残し皆様にご説明しております。

根管治療

根の治療は根管内の感染物質を除去後、神経の代わりの材料を緊密に充填し、適合の良い土台や冠を作製することが重要です。
しっかりとした治療がなされたか、レントゲン写真で確認してご説明します。

Case 1

根管治療1
根管治療1-2

Case 2

根管治療2

根の尖端にできた病巣は大きく、鼻との境界の骨に迫るほど骨を破壊していました。
抜歯と判断されるレベルだとは思いますが、根管治療と意図的再植を行い、術後も長期的に安定しています。

Case3

根管治療3

Case4

根管治療4

大きな病変(膿を持った状態)でもきちんとした根管治療を行えば、当然歯の保存は可能です。
お口の中では一見適合の良かった土台も、レントゲンを撮ると尖端が足りないことが分かりました。
再製を行った後に冠を被せ、メインテナンスで経過を診て行きます。

Case5

根管治療5

前歯の大きな病巣も基本治療をしっかり行った後に被せ物を作り、
抜歯することなく治療後も安定しています。