Facility

設備紹介

最新の歯科用CAD/CAMシステム CERECプレミアム

最新の歯科用CAD/CAMシステム CERECプレミアム

CEREC CAD/CAMシステムはソフトの向上により、コンピュータによるセラミック修復物の作製が短時間で容易にできるようになりました。しかしセラミックには種類があり、より強度や審美性を高めるためにはコンピュータで作製したセラミックに加工や色づけを行う必要があります。

当院では全て、CERECブロックを削り出しのみで作製したセラミックよりも強度や審美性に優れたe-maxやジルコニアを用いたオールセラミック修復物を作製しております。これらは焼成させたり、セラミックを築盛したりという専門的な行程が必要であり、常勤の歯科技工士が皆様のお口の状態に合わせた材料、色や形を、ひとつひとつ丁寧に作製しております。

また修復物の適合の精度を高めるためには、コンピューターにて作製の際に細かい数値の設定を行う必要があり、これも診療の合間にドクターやスタッフが時間をかけて行うことは不可能なため、歯科技工士が専任で行っております。

セラミックがあらゆる面で良いとはいえ、修復物の作製に大切なのは精度の高い適合です。口腔内では一見分からない適合の精度は、レントゲン撮影をすればよく分かります。当院では必ず適合を確認してからセットしております。目に見えにくいところまでこだわって作製することは時間とコストもかかります。しかし、単にセラミックを入れるだけでなく、精度の高い修復物をご提供しなければ、せっかくのセラミックの特性を十分に活かすことはできません。

当院のセラミック治療は、日頃から健康なお口の状態を長持ちさせるための歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士のチーム医療を行っているため、自信を持ってご提供させていただいております。

新しくなったCEREC

従来のCERECと比べてより精度に、より快適に、そしてより丈夫で機能的なセラミック修復を スピーディにご提供できるようになりました。 CERECとは、歯科用CAD/CAMシステム。口腔内の歯の形成部位を光学印象カメラでスキャンし、 口腔内を再現。設計・デザインされたデータをもとに、 ミリングマシーンがセラミックブロックを削りだして、セラミックの修復物を短時間で作製できる機器です。

さらに進化した光学印象カメラCEREC Omnicam

CEREC Omnicam

これまでのカメラは数枚の単一画像をコマ撮りしたものを組み合わせて 3Dモデルを形成していました。またスキャンの際には口腔内に 専用のパウダーを噴霧する必要があり、パウダーによる口腔内の不快感 や均一に噴霧する煩雑さ、それによるスキャン時の誤差が問題でした。 CEREC Omnicamはパウダーフリーでスキャンが可能となり、 動画撮影によるフルカラー3Dモデル形成となったことで、全顎的な領域にも対応。 快適性・精密性が向上しました。

ソフトウェアCEREC AC

ソフトウェアCEREC AC

当院はソフトウェアを随時最新版にバージョンアップしております。

技工士さんが製作の際に使用する咬合器。
CEREC ACではバーチャル咬合器であらゆるかみ合わせ運動を再現し、
お口の中での調整量の少ない修復物の製作ができます。
患者さん固有の歯の形態を瞬時に分析し、高い再現性の修復物を作製します。 

スマイルデザイン

前歯の修復物デザイン時に、患者さんの顔写真を取り込み、2次元のデジタル写真が立体的に 表示され、様々な角度からセット時をイメージできます。

ミリングユニットCEREC MC XLプレミアム

CERECセラミックだけでなく、より強度と審美的に優れた e-maxやジルコニア、多数歯の仮歯の製作が可能です。

ミリングユニットCEREC MC XLプレミアム