鹿児島中央駅前 歯周病専門医ユミデンタルオフィス

鹿児島市の歯医者 YUMI DENTAL OFFICE ユミデンタルオフィス 治療へのこだわり(治療実例)

鹿児島市の歯医者 YUMI DENTAL OFFICE ユミデンタル

治療へのこだわり(治療実例)

ユミデンタルオフィスは治療のクオリティにこだわります。 根の中や冠の境目等、見えない所だからこそしっかり確認し、誠意ある治療が必要だと考えます。 私達はお口を健康な状態に戻した後に、長期に安定させる目標があります。そのためには 皆様と協力しメインテナンスを行っていくと同時にしっかりとした治療がなされていることが大前提です。 治療前と治療後の比較を行い責任を持って経過を追うために、しっかりと記録を残し皆様にご説明しております。

根管治療

根の治療は根管内の感染物質を除去後、神経の代わりの材料を緊密に充填し、適合の良い土台や冠を 作製することが重要です。しっかりとした治療がなされたか、レントゲン写真で確認してご説明します。

根管治療

根管治療

根管治療

根管治療

大きな病変(膿を持った状態)でもきちんとした根管治療を行えば、当然歯の保存は可能です。 お口の中では一見適合の良かった土台も、レントゲンを撮ると尖端が足りないことが分かりました。 再製を行った後に冠を被せ、メインテナンスで経過を診て行きます。

根管治療

前歯の大きな病巣も基本治療をしっかり行った後に被せ物を作り、抜歯することなく治療後も安定しています。




前歯部修復

炎症のない歯肉、そしてご自分の天然歯が何より美しい状態だと思います。 すでに虫歯等で詰め物や被せ物がなされている歯の再治療が必要な場合、健康な美しさを回復することは 保険治療であれ保険外治療であれ必須であると考えます。 よって当院では常に健康で美しい状態を目標にしておりますので「審美歯科」という言葉はあまり用いておりませんが、より天然歯に近い状態に修復するためには「オーダーメイド治療」が皆様へ大きな満足感を ご提供できることに間違いはありません。 「オーダーメイド治療」では、皆様のご要望をお聞きできる内容が違います。 天然の歯のような透明感・色・形そして美しい状態が長持ちするために治療の工程もしっかり仕上げていき、 実際にセラミスト(セラミック専門の技工士)が診療室で皆様の歯にあった材料や色調を確認し、 精度の高いまさにアートのような美しい歯を作製いたします。 ユミデンタルオフィスはトップレベルのスキルを持つセラミストに製作をお願いしており。これまでも 多くの皆様の美しい仕上がりに満足された「あふれる笑顔」を拝見して参りました。 簡単に削って白い歯を入れることが「審美歯科」ではありません。 当院は美しい歯を手に入れた皆様のメインテナンスをしっかり行うことで 輝くお口の健康を長期に安定させるお手伝いをすることが本来の目標です。

前歯部修復


case2


case3









歯周病治療

これだけ歯科医院が多い現代にもかかわらず、日本人の歯周病が改善に向かわないのはなぜでしょうか? 歯科医院に通院し治療を行ったと言われる方々のお口の中でも、歯肉の炎症はそのままで虫歯や被せ物の治療 が行われていることが少なくありません。 中には歯周病の検査や説明すら行われておらず、当院に初めてお越しになる方の多くが「これまで歯周病の説明をうけたことがない」あるいは「簡単な歯石取りはしたけど、自分の病状がどうなのか知らない」という状況です。歯周病は初期の段階では細菌を減らすためのホームケアとオフィスでの簡単なお掃除で改善します。 病状が進行しつつある段階ではそれ以上に病的状態が進行しないように治療を行っていきます。 「早く治療しておけばよかった」「これまでずっと歯の治療を繰り返すばかりで歯茎の治療や予防をしっかりしてこなかった」 そういうお声を聞く度に、歯周病について私達がきちんとお伝えしていく重要性を改めて痛感します。

歯周病治療

これまで他院で定期検診を受けて来られていた方のお口の状態です。 おそらく3か月毎に歯石を取ったり歯面清掃を行ってもらっていたのかもしれません。 しかし歯科医院が歯石を取るだけでいいのでしょうか? 次の定期検診までの間に歯石が沈着していくほどプラークコントロールが確立していないお口の環境が 虫歯や歯周病を進行させる原因なのです。 「歯石を取る」ことが大事ではなく、歯石が付かないような日常のケアも行っていくこと、そして歯周病とは どういうものかを知っていただくことが私達の役割です。 このまま細菌の多いお口の中の環境を改善せずに年齢を重ねて行けば、おそらく病状が進行する可能性がありますが、 ブラッシング方法の改善とスケーリング(簡単な歯石除去)だけで、歯肉はここまでキレイになります。 若い段階からホームケアと定期的なメインテナンスを生活習慣の中に取り入れてくださったことで、今後の歯周病のリスクは大幅に減少します。

歯周病治療



再生治療

歯周病によって破壊された歯周組織(骨や歯根膜)を回復させる再生療法として

 ・GTR法
 ・エムドゲインRを用いた再生療法
 ・骨移植術

があります。
再生療法に適応する条件であれば失われた組織がよみがえり、歯の寿命を延ばすことが可能です。



重度の歯周病の治療

重度の歯周病でもできるだけ残せる歯は残すように努めています。 「歯周病の歯は抜歯」ではなく、残っている歯周組織の状態で判断は異なります。また歯周病治療をしっかり行えるかどうかも重要な要因で、抜歯の基準は医院によって様々であることも現実です。 人生は80年を超える長寿時代です。 年齢を重ねる上での各段階で、できるだけ再治療の可能性を少なくできるよう最小限の介入で最大限の効果をもたらせるような治療計画を立案し、皆様のご希望をお聞きしながらご相談の上治療を進めて参ります。

他院で「多くの歯を抜歯」と言われた重度歯周病の方々です。 残念ながら保存できない歯もありましたが、細菌やかみ合わせの不具合等の「原因」を除去していけば、ご自身の生体が持つ「自然治癒力」で炎症は消失していくものです。全顎的な歯周病治療を経て保存した歯をメインテナンスでケアしていきます。 重度歯周病の場合、歯の失った部分に関して「歯周病治療+インプラント」は有効です。 インプラントを選択されない場合や、残っている歯を支える骨が少ないケースは歯周補綴(歯を冠で連結してそれぞれの歯を強化する)ことが必要になってくるケースも多く、歯を保存するための歯の削合もやむを得えなくなってきます。

重度の歯周病の治療

重度の歯周病の治療

重度の歯周病の治療


重度の歯周病の治療

重度の歯周病の治療

重度の歯周病の治療

矯正治療やインプラント治療を行えなかったため、 歯周補綴を選択せざるを得ませんでしたが、最終的に親しらずも抜歯し、 お手入れしやすい環境を整えました。患者さんのお手入れが安定していることで長期に歯を保存できています。


重度の歯周病の治療

重度の歯周病の治療

重度の歯周病の治療

侵襲性歯周炎ですが、上顎はできるだけ歯を保存。禁煙にも成功しメインテナンスを行っています。


ユミデンタルオフィスは安易に歯を抜いてのインプラントは行いません。やむを得ない場合もありますが、 若い年代から多くの歯を抜歯し、やみくもに多くのインプラントを入れることが良い治療でしょうか? 歯周病専門医として「どの歯を抜くか」ではなく「どの歯を残せるか」という視点で、日々診療を行って おります。
インプラントはとても良い治療方法ですし、当院でも日常的に行っております。 保存不可能な歯以外抜歯をしておりませんので、すでに歯を失っている部分や歯周病や歯根破折等でやむを得ず 抜歯となった部位に、残っている歯を守るためのインプラント手術を行っております。

case2

下の奥歯がないまま放置していたため、右の小臼歯が負担に耐えられず 歯根破折を生じ、抜歯となりました。 下の奥歯にインプラント治療を行い、かみ合わせのバランスに重要な前歯の歯並びを部分的に矯正し、 かみ合わせのバランスが整いました。



case3

重度の歯周病で骨が高度に吸収しているため、残念ながら下の前歯の4本だけが保存できました。 この場合保険治療では上顎は総義歯、下顎は部分床義歯しか選択できませんが、 患者さんはインプラントを希望されました。

治療中の義歯も使用したくないとのご希望から、暫間用のインプラントを用い 義歯ではない仮歯でお過ごしいただきました。




義歯を支える顎堤がほとんどなくなってしまい、 義歯の使用による食事が困難な場合、 最小のインプラントを埋入し、義歯を維持させることで何でも食べられるようになり 喜ばれている方々です。




腫瘍類似疾患であるできものを切除した後、歯の長さを合わせるために歯肉を作り、上顎の義歯は金属のバネのないノンクラスプデンチャーを用いました。





このページのトップへ