鹿児島中央駅前 歯周病専門医ユミデンタルオフィス

鹿児島市の歯医者 YUMI DENTAL OFFICE ユミデンタルオフィス

鹿児島の歯科 YUMI DENTAL OFFICE ユミデンタル院内歯科用CTのご案内

院内歯科用CTのご案内

歯科は「CT時代」到来です。
これまで見えなかったものが見えるCTが開発されたことにより、精度の高い・安全な処置を行うためには 欠かせないものと考え、まだまだ普及の少ない歯科用CTを導入して、皆様の治療やメインテナンスのため に役立てるシステムを確立しております。

近年開発された歯科用CTはコーンビーム方式のX線照射により、 医科用CTと比較して被曝線量が非常に少なく、 短時間で高画質の撮影が可能です。
歯科で撮影しているX線写真は一方向からの平面画像ですが、歯科用CTの登場で 3次元的にあらゆる角度から病態や顎骨の形態を把握できるようになりました。
従来のX線システムだけでは読み取れなかった部分も詳細に観察できることで、 確実な診断につながります。
また皆様にX線写真を用いて病態をご説明する際にも、一般の方が見ても 分かりやすく、ご自分のお口の中の状況をしっかりご理解頂け、より納得のいく治療方法をお選びいただけます。


What's CT ? ユミデンタルオフィスでは基本治療をしっかり行いながら、日常的に多くの歯周外科手術やインプラント手術 を行っております。「確実な診査・診断」「「誠実な治療」「安心のメインテナンス」につながるCTの様々な メリットについてのご案内です。


インプラント&CT
安全で確実なインプラント治療においてCT撮影は必須の検査です。
もはや、CT撮影無しでインプラント治療を行うことはドクターの「感に頼る」治療であり、 確実な安全性を求める高度先進医療とは言えない時代のようです。
インプラントを予定している部位の骨質、骨の厚みや高さを術前に把握し、 機能性や審美性を考慮したポジションに埋入を行う計画を立案します。
当院では皆様の処置中のご負担や治療期間の短縮を考慮した 「患者さんに優しいインプラント」として、 抜歯即時埋入(保存できない歯をインプラントにする場合、 抜歯と同時にインプラントを埋入する方法)を 行っています。
またこれまで大がかりな骨造成手術(ラテラルサイナス リフト:口腔内の上あごの骨を開窓して骨を作る手術)を要するといわれているような条件の厳しい部位でも、CTで骨形態を確実に把握し、既存骨内のみでの埋入や、ソケットリフト(上顎を大きく開窓せず、インプラントを埋入する小さな穴から骨を作る手術)を行い、術後の腫れや痛みの少ない方法を用いています。
CT撮影でしっかりと骨形態を3次元的に把握し、適切な位置にインプラントを埋入することは、 安全性や効率性の高い処置が行えると同時に、インプラントの長期安定に欠かせない条件です。

当院のインプラントは10年保証(上部構造は5年)。
術後適正なポジションにインプラントが埋入されたかを3次元的に確認し、治療終了後もメインテナンスに おけるCT撮影は保証に含まれております。
治療が終わり、お口の健康を取り戻した「喜び」とともに、 「安心のメインテナンス」をご提供します。

歯周病治療&CT

進行した歯周病は歯を支える周囲の骨が破壊されてしまいます。
重度歯周炎に侵された歯を保存できるか否かの判断のひとつは、歯を支える残りの周囲の骨があるかどうか。
従来のX線写真では平面で重なった画像であるために、歯周組織検査による歯周ポケットの深さを参考に 複雑な骨吸収形態を「予測」しながら診断をし、治療を行っていました。
骨欠損の状態を立体的に診ることが可能となれば、診査・診断の精度が向上し、
的確な治療方法を選択できます。
特に歯周外科手術が必要な場合、切開線のデザインが手術の成功を左右するといっても過言ではなく、 骨欠損の形態に合わせたデザインを行わなくてはいけません。
CT撮影にて3次元的に歯の周囲骨の 形態が把握できることは、確実な外科処置により治療の成果を上げることに つながります。そして全ての治療に共通することながら、CT撮影は治療後 の歯周組織の改善状況を評価することに 大きな役割を果たします。


根管治療&CT

歯の根管治療は、直視できない根の中と骨内の根尖にできてしまった病変にアプローチするため、解剖学的な 根の形態を把握することが第一です。
しかし根管の形態は複雑に分岐していたり彎曲していたりすることも多く、難治性の根尖病変や病巣を 治療するにあたっては、従来のX線写真よりも病変の場所を確実に診ることができるCTがとても有効です。
症状の原因となる根管を特定できれば治療の効率化を図れますし、病変の改善による骨の再生をしっかり評価 できる手段です。
ユミデンタルオフィスは基本治療をしっかりと行うことを心がけていますが、特に根管治療は歯周病治療と 同様、修復の大事な「基礎」となります。
感染因子をしっかり除去することは言うまでもなく、緊密な充填、 適合の良く、根の破折しにくい土台(ポストコア)の精度にこだわり、できるだけ歯の保存につながる治療を 心がけています。


口腔外科&CT

親知らずの抜歯や骨内に埋伏している
過剰歯の抜歯等、
正確な位置や神経や血管等との距離を
3次元的に把握することで
負担の少ない安心な処置が行えます。

また外傷時の顎骨骨折の有無の診査や、
顎関節症における関節頭の変形の有無、
顎骨内腫瘍の診査等には従来のX線写真では
読み取れなかった範囲までの 情報を得ることが可能です。

矯正治療&CT

歯の動的治療を行う際に、顎骨内の現在の歯の位置、また動かしたい位置の骨量を事前に把握することで、 矯正の治療計画立案に役立ちます。


歯科用CT撮影依頼
 ユミデンタルオフィスは他の歯科医院の先生方からの歯科用CT撮影も承ります。
インプラント手術前の診断から根管治療、歯周治療、埋伏歯や矯正治療の診断などにお役立て下さい。


歯科用CT撮影お申し込み・お問い合わせ

1.お電話にてCT撮影日時をご予約ください。
  tel
2.撮影依頼書を記入後、当院へFAXください。
  fax
  【撮影依頼書(PDF)】撮影依頼書(PDF)

3.予約確認書を返信いたします。
4.撮影当日:ご予約の時間にお越しください。
  ステントがある場合は患者様にお渡しの上ご来院願います。
  撮影は10分程度で終了いたします。
  撮影データはご本人にお持ち帰りいただくか、郵送いたします

  プリントアウトしてご使用ください。
  撮影依頼書(PDF)をプリントアウトしてご使用ください。


このページのトップへ